一雨ごとに朝夕涼しくなり、秋の気配がすぐそこまできているようですね。

9月に入って患者様よりインフルエンザのワクチンについてご質問をいただくようになりました。

2015~2016年のシーズンから、日本でも4価の「インフルエンザワクチン」が使われることになりました。

これまで3価(A型2株 + B型1株)であったワクチンが、4価(A型2株 + B型2株)になります。B型インフルエンザのワクチンを1種類追加することになります。

これによって、流行するインフルエンザのタイプをほぼ網羅することができるようになります。

1価増えるため、価格が見直されることとなり、2014-2015シーズンの価格を取り下げさせていただいております。

価格が決まり次第お知らせいたしますので、もうしばらくお待ちください。

ワクチン接種にあたりましても、只今クリニック内で、お待たせしないよう、感染症をもらわないようなシステム作りを検討しておりますので、よろしくお願いいたします。