昨日は伊丹市立美術館で開催中の「シンプルの正体」を見に行ってきました

皆一度は絶対に見たことのあるミッフイー

2017年2月に惜しまれながら亡くなった オランダ人絵本作家

デイック ブルーナのデザイン原画やスケッチがたくさん展示されています。

目にハッと映る原色、線 余分なものを削ぎ落としたその潔い絵の構図

に誰もが惹きつけられると思います。

私はミッフイー自体小さい頃から大好きだったのですが今回「ブッラクベア」シリーズの

本を読み過ぎたため目が赤くなった というクマにとっても惹かれました♡

無駄のないシンプルな中にもユーモアが織り込まれていてとっても面白い(^-^)

お子様から大人の方まで楽しめる展示だと思います!!

誰からも愛される普遍的なデザインをぜひ皆さん再発見してみて下さい

7/29日まで開催されていますよ~